<< ペルル柳ヶ瀬ビルさよならイベント | main | 環境配慮型不動産について >>

スポンサーサイト

  • 2017.09.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


熊本視察旅行

 ブログアップが遅れましたが、先週の金曜日から土曜日にかけて北柳ヶ瀬市街地再開発組合の視察旅行で熊本に行ってきました。

理事長である父親他地権者一行は既に木曜から九州入りしており、鹿児島も視察したのですが、私は途中参加です。

金曜の10:00にセントレアより阿蘇熊本空港へ。バスで市街地まで移動し、昼過ぎに熊本市役所で合流しました。

熊本市役所 都市政策部 都心活性推進部の方にお忙しい中時間をとっていただき、先進事例について説明を受けました。

説明会

下記は熊本市の中心繁華街下通アーケード街〜上通アーケード街と交差する電車通り沿いの手取本町地区第一種市街地再開発事業の現地写真です。

上通A地区

地元の老舗百貨店である「鶴屋」の隣地を再開発して新館を増設した事例で上層階には県の公益施設パレアが入っています。

従前区域の中央を市道が通っていたことから完成後も施設内にインドア公開空地を設ける等周辺地区への配慮が伺われます。

インドア公開空地

更に、手取本町地区の北西側に対峙する近距離に上通A地区の先進事例があります。

ホテル

こちらのメインテナントは日航ホテルであり、この日はここに宿泊しました。市の方によると稼働率は良好とのことです。
こちらの再開発ビルも美術館として市が入テナントしており、手取地区同様、行政と一体となり、まちづくりを成功させています。
又、両地区は平成14年当時、一週間くらいの違いで竣工を迎えたとのことです。同時期のオープンによる相乗効果も成功に一役買ったとのことでした。

熊本市は駅前こそぱっとしませんが、下通り〜上通りのアーケード街を中心に、周辺には飲み屋街、裏通り的なおしゃれなストリート等も備えており、若者が集う町という印象が強かったです。

アーケード

吹き抜けのあるレストラン、趣のある抜け道等柳ヶ瀬に応用できそうな土地活用も散見されました。

レストラン

裏道

金曜の夜ということもありますが、何しろ人通りが多く、九州No.2都市ここにありという印象を受けました。

岐阜市の市電は平成17年に全線廃止となりましたが、熊本では依然市民の足として機能しており、私も実際乗ってみましたが、老若男女問わず、利用者が多いのはおどろきでした。

市電外観

車内

翌日には、宮崎市内も視察しましたが、岐阜市中心部のにぎわいは宮崎以下という印象です。

岐阜市中心部については、市電は既に廃止されており、バス便こそ機能していますが、買い物目当ての一般車両はニューファミリーを中心に郊外SCに流れています。

今回10F建て複合ビルを計画していますが、1〜2階のリーシングを今後進めていく過程で、周辺のにぎわい創出効果とか小さな話ではなく、長良川鵜飼い他観光との連携、商店街イベントとの連係、岐阜駅からの導線確保等々大きな視点で取り組んで行きたいなと思います。

スポンサーサイト

  • 2017.09.28 Thursday
  • -
  • 17:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
先日のワークショップではお世話になりました。
熊本に来られた件、ブログにもアップされてたんですね。
この案件は、弊社でもいろいろお手伝い(評価,補償,権利変換,管理,契約回りなど)したところだったので、
も少し早くお知り合いになれてたら、熊本でもいろいろお話出来てたかもしれませんね。

また、いろいろな場面でお会いすることも多いかと思いますが、
今後とも宜しくお願い致します。
  • 鑑定士in熊本
  • 2009/08/11 8:28 PM
再来年の東京ツリーまではだいぶあるので、中部地方にお越しの際は是非ご連絡下さい。
  • 寺村
  • 2009/10/19 8:01 AM
コメントする









selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links